2008年2月5日火曜日

【実務ポイント資料】「雇止めの留意点」

フォーブレーンのオリジナル資料・実務ポイントシリーズ第8弾として、「雇止めの留意点」を作成しました。

年度末をむかえるこの時期は、雇止めに関するご質問が多くなります。

そこで、雇止めの有効性をめぐっての裁判例などをご紹介しながら、各事例ごとに実務上の留意点などをご紹介しています。

■ 主な内容

1.解雇権濫用法理の適用基準
2.勤務成績不良者の雇止め
3.「今回限り」の特約の設定
4.妊娠・出産を理由とする雇止め
5.部門整理のための雇止め
6.契約更新時における労働条件の変更
7.契約更新時における労働条件変更に対する不同意
8.期間の定めのある雇用契約の更新上限年数の変更
9.雇止めの予告
 
 

FBlog = エフブロ =

FOURBRAINオフィシャルブログ
研修などの活動実績、ご提供している資料、法改正情報及び判例情報などをご紹介しています。