2016年8月1日月曜日

労働契約法対応研修のご案内(全国対応)


フォーブレーンでは、大学、病院、研究機関等における管理監督者・教員・研究員向けの研修「労働契約法対応研修~無期転換権発生問題に備える~」に関するお問い合わせ・受付を開始いたしました。
 
 
2018年4月1日、「無期転換ルール」を定めた改正労働契約法の施行5年を迎えますこの日を境に無期転換権が発生する有期雇用職員が多数生ずることになるため、この時期における雇止めや無期転換後の労働条件の設定をめぐるトラブルが頻出してくることが予想されています。それが労働契約法の「2018年問題」です。
「2018年問題」のトラブルに巻き込まれないためには、早い段階から、現場の管理監督者の方々を含め、雇い入れ責任者である教員や研究員にも「2018年問題」の本質を改めて認識いただき、雇用管理のあり方を考えていただく必要があります。
そこで、本セミナーでは、大学や研究機関、病院における支援実績豊富なコンサルタントが、【現場の責任者こそが認識しておくべき留意点】をわかりやすく解説いたします。
 
【研修内容】
1.労働契約法の「2018年問題」とは
 ・労働契約法の概要
 ・無期転換制度における法的留意点 など
2.「2018年問題」防止のための管理監督者等の役割
 ・なぜ雇止めをめぐるトラブルが生ずるのか
 ・無期転換回避策をめぐる問題点の理解
 ・無期転換後の労働条件をめぐるトラブルを防ぐために
 ・無期転換後の解雇は可能か など
3.まとめ
 ・「いま」すべきことを考える など
 
詳細なプログラム内容・御見積のご依頼等、お問い合わせはtel03・5159・2522 フォーブレーン研修事業部までお気軽にお問い合わせください。
 
 

0 件のコメント:

FBlog = エフブロ =

FOURBRAINオフィシャルブログ
研修などの活動実績、ご提供している資料、法改正情報及び判例情報などをご紹介しています。